介護施設感染症対策支援

高齢者施設感染症対策コンサルティング

入居営業支援

感染症対策は何故必要か。高齢者施設内で病原体が広がるとアウトブレイク(*感染症の発症者が通常のレベルを超えて発生すること)を起こし、多くの入所者が被害を受ける事になり施設側もスタッフに感染リスクが生じる為、人員不足にも繋がる可能性が高く、またアウトブレイクを終息させるためには多大な労力とコストが要する事となります。 アウトブレイクに至らなくとも入所者(家族)にとっては重大な問題となり高齢者にとっては死亡に繋がるケースもあります。マスコミなどに取り上げられ口コミが広がってしまうと施設ダメージが強くなり運営に支障を懐ことになりかねません。 入所者の健康・命を守るためにも感染対策は必要不可欠となります。 何も起きていないレベルでの対策が必要となり一部スタッフの不十分な対応で失敗に繋がらない様、スタッフ全員が感染対策の重要性を認識できる環境を作ることが感染症対策の第一歩と考えております。プロによる支援・講習を実施して頂き、介護施設の安全性向上を目的としてご支援させて頂きます。


感染症対策支援・指導講師 紹介

日本看護協会 感染管理認定看護師 特定看護師
ケア・ファシリティーズ・マネージメント室
佐藤 久美

サービス/調査・支援・講習

  • 感染予防対策 支援/講習
     ・対策講義
     ・手洗い指導
     ・個人防護具着脱訓練
     ・結核対策N95フィット指導
     ・その他 支援/指導/講義
  • 感染予防対策 支援・講習
     ・清掃方法
     ・環境衛生
     ・その他 支援/指導/講義
  • アウトブレイク発生時の実地調査及び早期終息支援等

各調査・支援・講習・対応の価格に関して

施設規模・支援講習/内容・人数・立地により異なる為、お見積りを作成させて頂きます。



  • ページトップへ